9月24日は、10時30分から江田島町の江田島公民館、
14時30分から能美町の農村環境改善センターで上映会を開催しました。
両会場でおよそ500名の方にご来場いただきました。
6月に呉市で始まった「映画この世界の片隅に 県内上映会」はこの江田島町上映会で
来場1万人を超えました。16会場32回目の上映での達成となりました。
1万人目となった江田島市在住の志水さんご夫妻に明岳江田島市長から
この映画のDVD、スケッチブックなどの記念品が贈呈されました。
志水さんは「戦争の悲惨さをかみしめ皆さんに伝えたい。江田島には映画館が無くこのような上映会はありがたい」
とお話をされていました。
江田島会場では上映前、明岳江田島市長の挨拶、江田島市地域おこし協力隊の峰尾さんと
実行委員会ボランティア ちぴぴ(長坂知春)さんの活動報告に続き、
企画プロデューサー丸山正雄さんもご登壇され江田島市で上映することの意義を熱く語られていました。
各会場のロビーでは前日の大柿町、沖美町会場と同様に、
江田島町在住の奥本剛さん所有の「この映画の為に提供された写真資料展示」、
江田島の人形作家、松本圭子さんによる「映画をイメージした作品の展示」も行われました。
また、映画の感想のメッセージも書いて頂き、会場に展示しました。

2日間にわたる江田島市の上映会では多くのボランティアの方々にご協力を頂き、
ジュニアリーダーズクラブの若い力も運営に大きなパワーとなりました。
地域が支えた、地域の皆さんのための上映会となったことを心深く実感した上映会でした。
ご協力を頂いたすべての皆様に感謝の言葉を捧げます。
ありがとうございました。